孫とアリババ「株価急落」の誤算

窮地の目くらましに次々“花火”打ち上げ。だが、ヤフージャパン株の思惑外れて含み萎む。

2015年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

白戸家のCMなら、少々奇想天外でも笑ってすむ。だが、株式市場の目くらましとなると、これは罪つくりだ。ソフトバンクの孫正義社長は、自社の株価が下がったり、資金繰りが苦境に陥ると、次々と意表を突く“花火”を打ち上げる癖がある。9月11日も「孫氏がソフトバンクのMBO(経営陣の自社買収)を一時検討」と米通信社ブルームバーグが報じた。時価総額7兆7千億円のMBO? 市場は仰天し、株価が一時、前日比2.9%高、400円以上もハネあがったが、よくよく見れば「投資候補者と折り合いがつかず6月までに断念」とあり、終値は42円安。ネタ元は「複数の関係者が匿名を条件に語った」というが、自作自演なら「風説の流布」に近い。

懸命の株価テコ入れ策

8月6日発表の4~6月期連結決算からして、純利益が前年同期比2.8倍の2133億円と胸を張っていた。孫社長の隣でパーソナルロボット「ペッパー」も業績好調のPRに一役買っていた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。