アイフル「死んだふり再生」に弁護士・司法書士が怒り心頭

2015年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

一時は倒産の瀬戸際に立たされたサラ金大手のアイフルが、2020年4月末が弁済期日の借入金を、15年8月末に前倒し完済した。これでアイフルに対する金融機関の特別支援は終了し、格付投資情報センター(R&I)は、その格付を「CCC+」から「シングルB」に引き上げた。
アイフルは約6年間にわたる経営再建の期間中、倒産リスクを自ら積極的にアピールし、返済を遅らせるあの手この手を繰り出し、生き残りを図った。過払い金返還請求が急増した11年には、創業者である福田吉孝社長自ら「過払い金が4割程度に減額されなければ倒産する可能性がある」と、異例の「手紙」を弁護士事務所あてに送りつけたことは、今も語り草だ。「メーンバンクの三井住友信託銀行と手を握り、実にしたたかだった」(ある弁護士)。
近年、アイフルの新規契約者数の伸びはライバルのアコム、SMBCコンシューマーファイナ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。