経営幹部が次々に辞任!「俺の株式会社」が異常事態

2015年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「俺のフレンチ」などを国内33店舗、海外3店舗展開する「俺の株式会社」(東京・銀座)の様子がおかしい。 創業者は、「ブックオフ」の創業者として名を成した坂本孝社長(75)。老いてなお盛んな起業家魂を発揮し、来春、東証マザーズへのIPO(新規株式公開)を目指していたが、今年3月に有名フレンチシェフの能勢和秀取締役が辞任。その後、5月に野村證券出身の安田道男副社長、6月に店舗開発担当でナンバー3の森野忠則専務、7月に和食担当の島田博司取締役が次々に会社を去った。9月9日現在、能勢氏以外は辞任登記が為されず、明らかに異常事態だ。気がかりなのは、坂本社長の右腕的存在として資金調達や上場準備を任されていた安田氏の退社劇だ。関係者は「5月下旬に突然辞表を出すと、引き継ぎもせずに出社しなくなった」と言う。さらに「安田氏はウェル・フィールド証券(廃業)の社長時代に証券 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。