横浜市「育鵬社教科書」採択は茶番

「開かれた採択」とは名ばかり。黒幕が暗躍する出来レース。騒動嫌いの林市長は雲隠れ。

2015年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

横浜市が来年度から4年間、公立中学校で使う歴史と公民の教科書に、愛国心の醸成に重点を置く育鵬社版を採択した。4年間で11万人がこの教科書で学ぶことになり、影響は大きい。教科書採択において、史実や社会制度に多様な解釈がある社会科は、中立性が重視されてきた。一方、近年は「自虐史観」を是正しようと、育鵬社などの教科書も登場。日本の神話や歴史上の人物を詳しく紹介し「面白い」との評価があるが、「戦争を美化している」などの批判もある。それだけに、社会科教科書の採択は耳目を集めた。4年前も横浜市は育鵬社版を選んだ。この時、同社版の全国シェアは4%で少数派。横浜市がこのうち半分以上を占めたため、「少数派の中の巨人」と揶揄された。今年の採択では6%にシェアが上昇したものの、まだ少数派だ。前回は憲法9条改正を唱える「保守派」市長、中田宏氏の時代に選ばれた教育委員が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。