美容サロン「ミュゼ」の経営不安に電通がピリピリ

2015年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を展開する業界最大手のジンコーポレーション(東京・渋谷)の経営不安が囁かれ、最大の債権者である電通は頭を抱えている。ミュゼは飲食業出身の髙橋仁社長が、故郷の福島県で2002年に創業したベンチャー企業。現在の店舗数は全国190を数え、年商400億円規模へと急成長を遂げた。「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース100円(初回・ウェブ予約限定)」などと謳った激安広告に見覚えのある読者も多いだろう。そのホームページでは「ミュゼは美容脱毛専門サロンの店舗数、売上、顧客満足度No.1を獲得。安心・便利・通いやすいサービス」と喧伝しているが、成長の原動力は「月々10億円近いイケイケどんどんの広告宣伝」(業界関係者)と揶揄されてきた。脱毛はいったん始めると、腕も足も……となるのが女心。それが初回はタダ同然でも儲かる仕掛けだが、事業の急拡大でサ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。