IS最前線「出口なき戦場」

米・イラン核協定も、トルコの空爆も、宗派・民族対立を錯綜させるだけ。300万人難民に人道的危機迫る。

2015年9月号 GLOBAL [イラク軍最大の反撃作戦]

  • はてなブックマークに追加

イラクの夏が深まり、欠員の補充もままならない政府治安軍は、過激派組織「イスラム国」(ISまたはISIS)からアンバル州を奪還する作戦を開始した。戦いは誰が想像したよりも長く、また広範なものになることが明らかになってきた。7月初め、イラク政府はアンバルの重要拠点を取り返すため「過去最大の反撃作戦」の開始を宣言した。アンバルは、東はバグダッド、西と南はヨルダンやシリア、サウジアラビアの国境に接するイラク最大の州である。過去10年以上、スンニ派の反政府不満分子の中核地であり、過激派組織アルカイダの牙城だったが、現在はISが同州の8割を制圧している。5月半ば、ISは10台以上の車やトラックを使った自爆テロで州都ラマディを攻略し、再び政府治安軍を敗走させて、昨年のイラク第二の都市モスルとティクリート陥落以来最大の戦果をあげた。7月26日、イラク軍の対テロ特殊部隊は作 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。