サイバー空間の「存立危機事態」

2015年9月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼賛』ではないが、酒を嗜む店は仄暗いところがいい。壁掛けの液晶画面がチラチラしては密談もできず、恋も囁けまい。が、たまたまリアルタイムでサイバー攻撃を可視化したサイトNorse Attack Mapを映しだす店に立ち寄り、思わず見とれた。時々刻々、地球上を色とりどりのビームが縦横に走る。最大の攻撃は中国から米国で、時に盛大な絨毯(じゆうたん)爆撃。まるで第3次大戦の近未来映画のようだ。いったい、これは現実なのか。盗聴で悪名高い米国のNSA(国家安全保障局)の元スタッフや退役軍人らが興したセキュリティ会社が、50カ国以上に置くダークネットの800万センサーで検知しているというが、自国発の攻撃を過少に見せていそうだ。ただ、ロシアでもカスペルスキーが地球儀型のCyberthreat、日本の情報通信研究機構もnicter Web、ドイツもSicherheitstachoというリアルタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。