厚労省喧伝「育休目標」は愚の骨頂

数字のマジックで「やった感」を演出し、意識改革を連呼。戦時中の「竹やり精神」と同じだ。

2015年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

塩崎恭久厚生労働大臣は最近、省内で男性職員とのコミュニケーションに熱を上げているようだ。内閣府が3月に策定した「少子化社会対策大綱」で、男性の育児休業取得の促進を謳ったが、男性国家公務員の取得率が2.8%と低すぎるからだ。民間も2.3%と同程度だから、「お手本」を示すには程遠い。塩崎氏は男性職員を自室に呼び、「厚労省は仕事と家庭の両立を支援している。隗より始めろということで、率先して育休を取得して」と呼び掛けたと全国紙に報じられた。

名ばかり対策で「やった感」

大綱では、2019年度末までに男性の育休取得率を13%まで高めるとした。なぜ13%なのか。実はこの数字、「政策」に値しない欺瞞に満ちたものなのだ。3つの点から指摘しよう。まず、目標設定がいいかげん。07年度に最初の目標を掲げた際、「12年までに5%、17年までに10%」と決定した。今回はその延長線上で「1年につき1%ずつ改善するから ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。