FIFA会長選でブラッター暗躍

彼の意に染まないプラティニも鄭夢準も勝算なし。本命は仏元外交官のシャンパーニュか。

2015年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

7月25日、ロシアのサンクトペテルブルクで2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の大陸別予選抽選会が開かれた。辞意を表明している国際サッカー連盟(FIFA)会長ヨーゼフ・ブラッター(愛称ゼップ)にとって「最初と最後」のイベントが重なったことになる。まず、米国連邦捜査局(FBI)が贈収賄や資金洗浄で5月末にFIFA幹部7人を逮捕、彼自身もその数日後に会長辞任の意向表明を余儀なくされてから、ブラッターがスイスを出国したのはこれが初めてだった。ロシアに向かったのは、友人であるウラジーミル・プーチン大統領なら、彼の身柄を米国に引き渡さないことを承知していたからだ。米国に送致されたら、うまく行けば当局からFIFA内部の汚職について尋問される程度で済むかもしれないが、最悪の場合は逮捕され、起訴されて裁判所行きだ。

レームダックでも意地

今や潜在的な“お尋ね者”のブラッターが米国送致の懸念なく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。