石破が仕掛ける「秋の陣」

虎視眈々と狙う総理の座。地方創生大臣政務官の小泉進次郎と組んだら、9月の総裁選は面白い戦いになる。

2015年9月号 POLITICS [対抗軸は「地方創生」]

  • はてなブックマークに追加

安倍内閣の支持率が政権運営の黄信号とされる30%台に急落し、「一強多弱」と言われた自民党内の勢力図が微妙に変化してきた。9月の総裁選こそ安倍晋三首相(60)の再選が濃厚だが、「早ければ来年の参院選後に政局が動く」との見方が出ている。そこで俄然注目を集め始めたのが、「ポスト安倍」の最有力候補である石破茂地方創生担当相(58)だ。内閣の一員として政局発言を自重してきたが、ここにきて政権批判めいた発言を繰り返し、その動向に安倍陣営も神経をとがらせる。「決断できない政治家」と揶揄されることの多かった石破が、どう勝負に出てくるのか。「政界秋の陣」から目が離せなくなってきた。「本来やらなければならなかったことに決着をつけるため、われわれは政権にいる」。8月5日、事実上の石破派である「無派閥連絡会」の夏季研修会で、石破はこう力説した。総裁選への言及は避けたが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。