「不正会計」元祖オリンパスまた告発

「悪習」改まらず。不振の映像部門が過去5年間も他部門に付け替え赤字縮小を装う。

2015年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ありゃりゃ、東芝の「不正会計」があれだけ騒がれているというのに、元祖オリンパスも負けじと“悪習”を重ねているとは……。内部告発がまた届いた。不振続きの映像部門が、研究開発費の一部を過去5年間にわたって研究開発部門につけ回し、赤字幅を小さく装っていたという。さらに今期からは「マトリックス経営」と称して事業区分を変更し、同部門の研究開発費をおおっぴらに別の部門に付け替え、黒字浮上させている――という内容だ。マトリックス経営とは、強みを生かせる主要事業と、バックオフィス部門や研究開発部門、製造、販売などの機能を融合させる経営スタイル。花王を参考に、実際の事業運営のあり方はマッキンゼーに練らせた。今年1月にカンパニー制からマトリックス経営への移行を打ち出したが「組織が複雑になり、会計上の恣意性が入り込みやすくなった」との指摘もある。

主謀者は財務出身幹部

問題の会計処理は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。