アングラ狂奔「六本木不動産バブル」

マネーの奔流がなだれ込み、暴力団筋の介入や土地転がしの凄まじさに身震いするばかり。

2015年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「登記の魔術師」との異名もとる有名不動産ブローカー(66歳)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたのは、7月24日午前9時過ぎのことだった。場所は東京・六本木の駐車場。解体工事を準備していた作業員2人に向かってクルマの前進後退を繰り返し、1人をはねたらしい。3年前に世上を騒がしたABCホームの迎賓館をめぐる競売妨害事件で逮捕者の1人だった件のブローカーは「自分の駐車場で勝手に作業していて腹が立った」と話していたという。被害者は右膝に打撲を負っただけなので容疑は大げさな気もするが、物騒な話には違いない。異次元金融緩和から早2年余り。マネーの奔流は株とともに不動産になだれ込んでいる。案の定、今回の相場上昇でもアングラ筋が暗躍中だ。古老の地面師を殺気立たせるほど、バブルは過熱してきた。中でも六本木は最も熱い地区。六本木交差点から霞が関方面に目抜き通りを500mほど行 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。