共和党討論会は「悪役トランプ」の一人舞台

2015年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

まさに「憎まれっ子、世にはばかる」を地で行くようだった。8月7日、オハイオ州クリーブランドで米共和党大統領候補、上位10人の討論会が行われたが、主催者のFOXニュースによると、全米2400万人が中継を見ていたという史上最高の視聴率。それもこれも、暴言を連発する不動産王、ドナルド・トランプ(69)の「憎まれ口」に、誰もが好奇心を抱いたからだ。ニューヨークのトランプタワーのド派手趣味といい、TVショーのスターであることといい、いかにもアメリカの悪趣味の権化らしく「役者の違い」を見せつけた。とにかく目立つことしか考えていない。6月の出馬表明では「メキシコ人はレイプ犯」と断言、不法移民には国境に「万里の長城」を築けと主張した。7月には08年大統領候補のジョン・マケイン上院議員を「ベトナム戦争の英雄じゃない。捕虜にならなかった人のほうが好きだ」とこきおろしている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。