「東芝再建」出しゃばる老害・西室

「取締役会議長」に御しやすい大学教授を据えて高笑い。80歳の相談役が人事を牛耳る異様。

2015年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「東芝取締役会議長に槍田氏浮上」――。7月29日、日経新聞に観測記事が出ると、当の三井物産前会長である槍田松瑩(72)は激怒した。あまりの剣幕に、東芝は同日、「取締役会議長の人事は検討もしていない」というコメントを出して打ち消した。ウソもいいところである。東芝の粉飾決算問題で、第三者委員会が報告書を出した7月21日前後から、東芝の周辺で取締役会議長として、槍田の名前は挙がっていた。日経に「槍田氏は取締役会議長と東芝会長を兼務する可能性もある」と指摘したのは、槍田に近い元経団連副会長と囁かれる一方、「日経の情報源は官邸筋」と穿(うが)った見方も流れたが、いずれも的外れだ。「槍田招請」が立ち消えになったのは、「東芝の根回しが十分でないまま新聞辞令が出たから」と解説する向きもあるが、これもウソ。東芝周辺で槍田擁立を模索する動きはあったが、東芝に君臨する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。