iPadを高齢者に500万台 日本郵政「見守り」実験台

アップルとIBMが目をつけた「中之条の奇跡」。真面目なお年寄りこそ日本の財産だった。

2015年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

読者は覚えているだろうか。4月30日、日本郵政、アップル、IBMが業務提携を発表したとき、記者会見に先立って公開された3社トップの写真を(本誌6月号「日本郵政『上場ゴール爆弾』」参照)。日本郵政の西室泰三社長(79)を真ん中に、アップルのティム.クックCEO(54)とIBMのジニー.ロメッティCEO(58)が満面の笑みを浮かべている。今秋上場予定の日本郵政が打ち上げた“花火”だが、見方を変えれば、この提携がサイバー空間と現実の高齢化社会の接続をめざしていることの象徴とも見える。グローバルなIT企業2社と古色蒼然たる“まるドメ”の日本郵政が提携して何をしようというのか。事の発端は2014年7月16日に遡る。この日、世界のエンタープライズITの分野に激震が走った。アップルとIBMが事業向けビジネスで戦略的提携を組んだと発表したからだ。

「ワトソン」が話し相手

思えば、アップルの歴史には、常にIBMの影が見え隠 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。