つくば市住民投票「大敗」に黒幕

「新国立」に連動し305億円運動公園に「ノー」。裏は利権絡みで市議が市長に挑む政争。

2015年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

総事業費305億円の巨額運動公園整備費に、つくば市民が出した結論は「ノー」だった。8月2日、住民投票が行われ、賛成1万5101票、反対6万3482票で、反対が有効投票の80%を上回った。計画を推進していた市原健一市長(64)にとっては、想像以上の大敗である。突如、浮かび上がったのではなく、「公式記録が取れる陸上競技場を!」という声に押され、20年以上前に計画が策定され、98年には7カ所の候補地が選定されていた。現在、3期目の市原市長の初当選は2004年。懸案を解決すべく取り組み、13年に準備室を設置、14年に議会で用地購入を決定。19年の茨城国体や20年の東京オリンピックに合わせたスケジュールで進行させていた。だが、今年に入って住民反対運動が巻き起こり、5月に住民投票条例案が可決された。

「二択」で下地整う

大敗の原因はふたつ。一つは、同時並行となった東京・神宮外苑の新国立競技場建設問題に連 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。