又吉『火花』も救えぬ出版危機

アマゾンの軍門に下り、取次は潰れ、書店は消える。ミリオンセラーも「焼け石に水」か。

2015年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

出版界に「アマゾンショック」が走った。6月下旬、“電子商取引の巨人”アマゾン・ドット・コムが、日本の中堅出版社6社(ダイヤモンド、廣済堂、主婦の友、インプレス、サンクチュアリ出版、翔泳社)の110タイトルの本を7月末までの期間限定で値引き販売するというニュースが流れ、書籍の卸問屋にあたる出版取次と大手書店は怒り心頭に発した。取次大手トーハンの藤井武彦社長は、自らその出版社社長に電話を入れ「御社との取引停止も考えざるをえない」と言い放ったという。紀伊國屋書店は対象の約110タイトルを店頭から撤収し、取次に返品するという強硬手段に訴えた。「(独禁法違反の)優越的地位の濫用ではないのか。戦うべきだ」という議論も一部の出版社内では出たものの、しょせん泣く子と地頭(取次・大手書店)には勝てない、と沈黙した。アマゾンショックに追い打ちをかけるように、出版取次 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。