ブルームバーグよりツイッターが市場インパクト

2015年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

欧州連合(EU)ユーロ圏は財政危機に陥ったギリシャに第3次支援を行う方針で基本合意した。その間、ギリシャ支援協議は曲折をたどり、節目となるニュースが伝えられるたびに金融市場は激しく反応した。
だが、一連のニュースを伝える上で、最もパワフルだったのは新聞、テレビ、通信社といった既存メディアではなく、ツイッターだった。
交渉当事者のつぶやきは瞬く間に世界に拡散され、金融市場やマスコミだけでなく、時には交渉そのものにインパクトを与えた。欧米社会ではツイッターが、既に情報インフラになっている現実を見せつけた。
先のギリシャ支援協議では、ギリシャのチプラス政権だけではなく、EUや国際通貨基金(IMF)などの債権者側も盛んにツイート(つぶやき)を通じて世論に訴え、交渉に揺さぶりをかけた。チプラス首相が財政緊縮の是非を問う国民投票を決めてから、ギリシャをめぐる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。