堤清二「知の冒険」の書店リブロに幕

2015年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

西武百貨店、パルコなどで知られたセゾングループを一代で築いた堤清二が亡くなって間もなく2年。1980年代は経済のみならず「セゾン文化」といった言葉も生まれたほど文化的にも強烈な影響力を誇ったが、その象徴がまた一つ消えることになった。東京・池袋にある書店「リブロ」である。西武百貨店池袋本店にリブロがオープンしたのは75年。もともとセゾングループの出版事業を担った出版社リブロポートと対をなす事業として始められた。一時は丸善、紀伊國屋、有隣堂といった大手に次ぐ書店にまで成長していた。が、リブロと他の書店の違いを際だたせていたのは、堤の個性だった。83年当時、京都大学人文科学研究所の助手だった浅田彰(現京都造形芸術大学大学院教授)が書いた『構造と力』は「ポストモダン」「ニューアカ」という言葉を社会現象化させたベストセラーだったが、それに先駆けてリブロは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。