「介護奴隷」フィリピン女性が集団訴訟

外国人女性の弱みに付け込み、無理な借金をさせて来日させ、劣悪な環境でこき使うのは「介護奴隷」だ。

2015年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

6月23日、厚生労働省が、団塊の世代が75歳以上になる2025年度、全国で介護職員が38万人も不足するというショッキングな数字を発表した。13年度の非常勤を含む介護職員は171万人。現在の増員ペースでは25年度に必要な253万人を2割近く下回り、介護の現場は回らなくなるだろう。介護の仕事は「低賃金で体力的にもきつい」ため、人手不足は慢性化している。常勤職員が1年間に離職する割合は16.8%と、全産業平均の12.4%を上回る。平均月給も22万円と、全産業平均より10万円も安い。政府は介護分野の人手不足解消に向け、外国人受け入れを拡大する法案を国会に提出。日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の対象職種に介護を加え、成立すれば16年 度から受け入れが実現する。しかし、発展途上国への技術移転を目的として発足した実習制度には「安価の労働力として外国人を酷使している」という ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。