シャープの虎の子「IGZO」が死にそう

このままでは安いだけの中国向け薄利多売製品に堕落してしまう。IGZO戦略の転換が必要だ。

2015年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シャープが経営再建のカギと位置づける液晶パネル技術「IGZO」が競争力を落としている。中国では華為技術の新製品がiPhone以上の高価格にもかかわらず売上げトップに躍り出たが、ここに液晶パネルを供給するのはジャパンディスプレイ(JDI)だ。シャープは2015年iPhone向け液晶パネルの売上げが前年比約60%増の5530億円と大きく伸びたものの、これはJDIと同じ「LTPS」(低温ポリシリコン)という技術を用いたものでIGZOではない。電池が長持ちする省エネ力が特徴のIGZO、その発見者である半導体エネルギー研究所(SEL 厚木市)の山﨑舜平代表取締役はこれまでシャープと二人三脚で事業を拡大してきたが、いまの関心事はIGZOを応用した超低消費電力半導体と、折りたたむことも可能なフレキシブルディスプレイに移っている。パートナーにも見放された感のあるシャープ――。その中小型液晶事業はJDIと統合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。