大学ベンチャーをSMBC「鯨飲」

世耕官房副長官肝いりの官製VC。民間ファンドを圧迫、京大、阪大、東北大でホクホク。

2015年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新国立競技場建設の杜撰(ずさん)な見積もりで国民の猛批判を浴びる文部科学省が、1200億円もの税金をドブに捨てるような政策を他でも推し進めている。2013年1月に閣議決定した「日本経済再生に向けた緊急経済対策」の目玉の一つ、「官民イノベーションプログラム」。国立大学の研究成果を活用する「大学発ベンチャー」への支援を目的とした官製ベンチャーキャピタル(VC)を大学内に設け、この官製VCに国立大学法人が出資することで事業化を推進する――というものだ。すでに東大、京大、阪大、東北大の4大学に1千億円が出資されているのだが、この「大学VC」、実に多くの問題を孕(はら)んでいる。民間VCのキャピタリストがこう指摘する。「このシステムの最大の欠陥は『投資をする側』と『される側』がどちらも同じ大学の人間だということ。文科省や各大学は、外部有識者を入れることでガバナンスが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。