住友商事の老害「宮原」名誉顧問

引責辞任すべき社長を、80歳になる元社長がしゃしゃり出て留任させるとは。「老害」の見本!

2015年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月23日、住友商事が都内で株主総会を開き、社長の中村邦晴(64)が「多大なご心配をおかけして申し訳ない」と頭を下げた。同日、2千億円を超える金融支援を受けることとなったシャープや、2期連続で最終赤字に陥ったソニーも株主総会を開催し、荒れ模様となったが、16年ぶりの赤字に転落した住商が平穏無事とは意外だった。米国南部で取得したシェールオイル権益の投資回収が難しくなり、約2千億円の損失を計上。さらに米北東部のシェール開発で360億円、ブラジルの鉄鉱石開発で650億円の損失を出した。厳しい追及を受けると思いきや、結局、株主総会は2時間2分と前年の倍近い時間がかかったものの「シャンシャン」で終わった。経営陣はホッと胸をなで下ろしただろうが、この平穏な幕引きこそが、住商経営陣の責任うやむやの病弊を浮き彫りにした。

社長の大チョンボなのに

2千億円の損失を出した鉱区はオイル層が複雑に入り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。