「沖縄ヘイトスピーチ」哀れ

2015年8月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

昭和20年6月、壮年の病兵が一人、石家庄(河北省)の陸軍病院で危篤に陥った。朦朧として沖縄の陥落を聞き、夢寐(むび)にも戦前訪れた懐かしい島の男女や眺めが浮かんでは消えた。やっと小康を得て、佐藤惣之助の歌のきれはしが頭をかすめる。上句の「そらみつ大和扇を」と結句の「みやらびあはれ」の間の三句がどうしても思いだせなかった。「みやらび」とは沖縄で乙女や美童を指す美称である。8月15日の玉音放送はよく聴こえず、深夜、隣室から女たちの嗚咽(おえつ)が漏れてきて何が起きたかを悟る。一輪の向日葵(ひまわり)が黒々と見えた。今ではきれぎれの歌の欠部を埋められる。そらみつ大和扇をかざしつつ来よとつげけむ「みやらび」あはれこのなまめかしさと哀しさ。作者は古賀政男の演歌「人生劇場」「人生の並木道」などや応援歌「六甲おろし」も作詞しているから、どこかで聞き覚えがあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。