限度額上げで郵政ゴリ押し勝ち

ゆうちょ、かんぽの上場に紛れて政治的妥協が成立。自民集票マシンに舞い戻る。

2015年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

日本郵政、郵便局にしてみれば、旧郵政省時代からの悲願成就であろう。ゆうちょ、かんぽの限度額がそれぞれ24年、29年ぶりに引き上げられることになりそうなのだ。現在のゆうちょ預入限度額は1千万円、かんぽ契約限度額は1300万円。自民党の「郵政事業に関する特命委員会」が取りまとめた提言には、ゆうちょ限度額を今年9月末までに2千万円、2年後までに3千万円に引き上げ、ゆくゆくは限度額そのものを完全撤廃。かんぽについても、まずは2千万円に引き上げるとある。6月30日、特命委員会の提言は総務相に提出され、これから郵政民営化委員会が可否を判断し、それを受けて政府が政令改正に取りかかる段取りになる。しかし、すでに結論は決まっている模様だ。「ゼロ回答はない。党の提言通りの金額になるかどうかはともかく、限度額は引き上げざるをえない」と政府関係者は打ち明ける。

株式上場×選挙=限度額

限度額引き上げ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。