「休眠預金」が問題NPOの餌食になる

埋蔵金“バラマキ”法案が国会で成立目前。公益活動の支援を大義名分にチェック大甘。

2015年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

政府の新たな“埋蔵金”とも言える「休眠預金」が、問題だらけの特定非営利活動法人(NPO)業界の手に落ちようとしている。推進しているのは自民、公明、民主など超党派の「休眠預金活用推進議員連盟」だ。毎年全国で500~600億円発生している休眠預金をNPOなどを中心とした民間公益活動の促進に活用するという。自民党は6月23日に議連が議員立法としてまとめた法案を了承。今国会での成立をめざしている。休眠預金とは、金融機関の口座に預けられたまま、10年以上引き出しや預け入れがない預金を指す。契約者の転居や死去により、解約されないまま忘れ去られた口座だ。金融機関は10年以上経過しても返金に応じているが、会計上は銀行が10年、ゆうちょ銀行が5年で利益として計上している。議連の試算によると、毎年新たに1000億円程度が発生し、その後払い戻される金額を差し引くと、“使える”埋蔵金は500 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。