フラれっ放し「GPIF」次期理事長選び

2015年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

政権の力のバロメーターは、何といっても人事だろう。適材適所ができれば、政権基盤は盤石となる。だが、発足2年半の安倍政権は、昨年生まれた内閣人事局の“宝刀”を手にして、今年は霞が関の局長級以上でサプライズ人事があるかと思いきや、財務省・金融庁人事はほぼ「既定路線」で落ち着いた。「安倍官邸」の人事力を測るリトマス試験紙には、菅義偉・官房長官と塩崎恭久・厚生労働相の対立で、任期切れの三谷隆博理事長を留任させたGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に如くはない。本誌報道で大揉めになり、3月末はひとまず留任として封印したが、「8月ころには次期理事長を決めたい」という意向だった。6月、杉田和博官房副長官から塩崎厚労相に1枚のリストが渡された。GPIF次期理事長候補の名が並ぶ。打診せよ、というのだ。本誌を警戒してか、官邸も厚労省も貝のように口を閉ざす。が、いく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。