大阪国際会議場に居座る秋山関経連元会長の老醜

2015年8月号 INFORMATION [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大阪府の頭痛の種は、大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)を管理委託運営する「大阪国際会議場」(会議場会社)の社長に居座る秋山喜久氏(83)だ。秋山氏は関西電力の社長、会長、関西経済連合会の会長を歴任した「大御所」。その後も関西広域機構の会長を務め、2008年に会議場会社の会長に就き、12年からは社長を務めている。ところが、ここ数年、大阪国際会議場の運営が芳しくない。グランフロント大阪などのライバルが増え、国際会議の誘致が減り、業績不振に歯止めがかからない。株式の50.34%を保持する大阪府にとって由々しき問題だ。緊張感の乏しさは会議場会社の役員の顔ぶれを見れば一目瞭然。関電出身の秋山社長、NTT出身の常務をはじめ、ダイキン、京阪電鉄、日立造船、パナソニックと、国際会議誘致の実務とは遠い関西財界各社の役員が仲よく並ぶ。業績低迷に業を煮やした松井一郎知 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。