スポンサーの福武がキレた!
「シムドライブ」が店じまい

2015年7月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

慶応義塾大学発の電気自動車(EV)ベンチャー「SIMーDrive(シムドライブ)」が風前の灯だ。8輪駆動のEV「エリーカ」を開発した清水浩名誉教授を社長に迎え、2009年に設立されたが、その清水は一昨年に身を引いた。会長を務めるベネッセホールディングスの福武總一郎最高顧問(69)の意向でレーシングドライバーの田嶋伸博が後継社長になったが、一昨年4月に先行開発車第4号を発表してから鳴りを潜め、展示会への参加も見送っている。かつて同社のEV開発に携わったエンジニアは「もはや活動実態はない」と、窮状を明かす。
エリーカは、車輪ごとにモーターを内蔵した「インホイールモーター」と呼ばれる機構を採用し、最高速度は時速370キロを記録した高性能EVで、05年に官邸周辺で試乗した小泉純一郎首相が「エネルギー革命だ」と持ち上げたことで一躍有名になった。その開発者が創業し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。