対豪潜水艦「4兆円ビジネス」争奪戦

豪州への国産潜水艦「供与」に突き進む安倍政権。世界第3位の「武器輸出大国」の仲間入り。

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中谷元・防衛相は6月3日、来日したオーストラリアのアンドリュース国防相と防衛省で会談し、豪州が計画している新型潜水艦の共同開発・生産に向け、自衛隊が保有する潜水艦技術の情報提供を確約した。豪州政府は、老朽化が進むコリンズ級潜水艦に代えて、新たなディーゼルエンジン型の潜水艦の調達を検討している。その予算規模は500億豪ドル(38‌0億米ドル=約4兆5千億円)と莫大だ。国防プロジェクトとして同国史上最大であり、その調達を目指し日独仏が火花を散らしている。国是として原子力潜水艦を運用できない豪州が、当初、白羽の矢を立てたのは海上自衛隊が使っている「そうりゅう型」潜水艦だった。そうりゅう型は「造船日本」の技術の粋を集めた、紛れもない我が国独自の最新兵器である。その特徴は、大気中の酸素を取り込まずに燃料を燃やしてエンジンを動かすAIP(非大気依存推進)機関にあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。