中国市場怖がり日本車「ジリ貧」

上海モーターショーのプレスデーは閑古鳥。リスク恐怖症を克服しなければ生き残れない。

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日本車は見た目もブランド力も価格も、どれも中途半端。このままでは世界最大のマーケットでジリ貧に陥りかねない」。中国自動車市場の動向に詳しいアナリストは警鐘を鳴らす。2014年、中国の新車販売台数は2349万台(前年比6.9%増)に達し、6年連続で世界一の座をキープした。全世界で販売される新車(2014年は約8700万台)の実に4台に1台以上が中国で売れている勘定で、主要自動車メーカーにとっては決して負けられないマーケットだ。そんな戦略市場で、日本車の影がどんどん薄くなっている。最大の原因は、中国の消費者の心をつかむ魅力的なクルマの不足。4月下旬に開催された上海モーターショーはそれを象徴していた。北京ショーと並ぶ中国最大級の自動車展示会だが、報道関係者向けのプレスデーに日系メーカーの展示ブースは閑散としていたのだ。地元メディアの日本車に対する関心の低さは誰の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。