「連合京都」の逆鱗に触れた民主党の「言うだけ番長」

2015年7月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

京都の政界関係者が囁く。「連合京都は激怒しています。もう絶対支援しない」と。連合京都が怒りの矛先を向けるのは、前原誠司・元民主党代表(衆院・京都2区選出)だ。今年4月に行われた統一地方選の京都市議選。民主党は前原氏のお膝元の山科区(定数6)で、現職の松下真蔵氏と元職の藤川剛氏の2人を擁立した。松下氏は前原氏の元秘書。藤川氏は元京都市職書記次長で連合推薦候補だ。ところが選挙終盤、劣勢を聞いた前原氏は松下候補の応援にシャカリキになり、藤川陣営には全く顔を出さず、松下候補が次点、藤川候補は最下位の「共倒れ」に終わった。連合京都が怒るまいことか。橋元信一会長の出身母体の自治労が担いだ藤川候補への仕打ちに、関係者は「前原が橋下徹大阪市長との連携に動いたのは周知の事実。橋下から『合流するなら官公労、自治労を切ってから』と迫られ、困っていたと聞く」と怒り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。