FIFA会長「失脚」に電通激震

2015年7月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ついに、と言うべきか。FIFA(国際サッカー連盟)のドン、「ゼップ」・ブラッター会長が6月2日に辞意を表明した。4日前に5選を果たしたばかり。79歳でなおこの執念と世界を呆れさせたが、彼を標的に狙う米司法省と米紙の包囲網に「帝国」はあえなく陥落した。本誌は国内で唯一、FIFA利権を2008年6月号から執拗に追い続けたパイオニアを自負している。ニューヨーク連邦地検(東部地区)検事から司法長官に就いて1カ月余で首級をあげたロレッタ・リンチの執念に拍手を送ろう。白けるのは、今ごろ追随して騒ぐ日本のメディアだ。マーケティング会社を通じて裏金を吸い上げる「FIFA利権」は、1980年代からアディダスと電通が原型を築いた。ブラッターももとはアディダス社員であり、電通とは持ちつ持たれつ。この「広告の巨人」のタブーを恐れて、国内メディアは本誌の調査報道に見て見ぬふりをしてきたから ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。