社長を斬った「東急不動産」内紛劇の真相

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「どうやら取締役も退任になったらしい。ネットで自分の処遇を知ったよ」6月1日、東急不動産の前社長の三枝利行氏は、親しい人物にそう漏らした。東急不動産ホールディングス(以下、HD)は同日、三枝氏が傘下の東急不動産の社長時代に、コンプライアンス規定への抵触行為があったとして、同社の取締役からも事実上“解任”した。きっかけは週刊新潮4月16日号の記事だ。同誌によると昨年10月、三枝氏は自分の妻が関係する同社の下請け業者から、鹿児島市にある太陽光発電の設備と土地を個人の「投資目的」で購入したという。これが利益供与ではないかと騒ぎになり、HDは調査委員会を発足。三枝氏は記事掲載直後に、混乱を引き起こした責任を取って、東急不動産社長と兼任していたHD副社長を退任。東急不動産の取締役のみ続けていた。三枝氏が56歳の若さで社長に就任したのは昨年4月のことだ。HDの金指潔会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。