ANAが佐山を「兵糧攻め」

「スカイマーク再建計画」はエアバスの賛否が焦点。ANAに主導権、佐山の出る幕なし。

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

スカイマーク再建劇で、1番手の事業スポンサーになった投資ファンドのインテグラル代表の佐山展生(61)が、後から加わったANAホールディングス(HD)を嫌っていることは容易に想像がつく。その佐山がANAと二人三脚でスカイマークの再建を受け入れたのは4月下旬だった。スカイマークの最大の債権者である米航空機リース大手のイントレピッドが「(スカイマークの事業スポンサーとして)ANAHDの参画は妥当」と表明したため、妥協する外なくなった。そのイントレピッドが5月下旬、「ANAHDの参加に反対する」という上申書を東京地裁に提出。インテグラルとANAが作成した再生計画そのものに反対するのではなく、ANAが事業スポンサーになるのはけしからんと噛みついたのだから、佐山は内心、小躍りしたはずだ。にもかかわらず5月29日、東京地裁に再生計画案を提出した後に開いた記者会見で、佐山はともに出席 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。