日本創成会議「老人は地方へ」は愚策

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)の分科会が首都圏(東京都、神奈川、千葉、埼玉県)に住む元気な高齢者の地方都市への移住を提言し、波紋を広げている。今後75歳以上の高齢者が急増する首都圏では、医療・介護サービスの供給が追いつかないからだという。移住先として、盛岡、高松、熊本など主に県庁所在地41都市を挙げている。同会議は昨年5月に「消滅可能性都市」を列挙し多くの自治体を慌てさせたが、今回は高齢者の移住を受ける地域を「活性化都市」にする勢い。少子化と高齢化が進む日本の「危機回避戦略」と訴える。提言を受けて、政府の地方創生策が動き出す。石破茂地方創生相が担当し、増田氏が座長を務める「日本版CCRC構想有識者会議」が具体的な仕組みを今夏にもまとめる。CCRC(Continuing Care Retirement Community)とは、米国で約2千カ所にも広がる大規模な富裕高齢者向け ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。