進学塾再編、「リソー」と「SAPIX」が標的

Z会の栄光ゼミナール買収で、業界再編は最終局面へ。「生き残るのは6グループ」と囁かれる。

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「教育業界では、これまで中堅以下の再編が主だったが、ついに大手も再編される最終局面が近づいてきたようだ」学習塾最大手の栄光ゼミナール(経営母体は栄光ホールディングス、以下同)を、Z会(増進会出版社)が100%子会社にすることについて、ある大手学習塾幹部は、驚きとともにそう語った。教育業界は、中堅・中小が群雄割拠する時代はとうに過ぎ去り、大手グループに再編される局面に入った。この幹部の元にも、様々な企業から提携や買収提案が舞い込んでくるという。自らはどう生き残るべきなのか、誰かと組むべきなのかを思案する日が続いている。少子化が進む中、教育産業は苦境に立たされている。中でも塾・予備校業界は、市場規模が長らく9千億円台で留まっていおり、生き残りを掛けた吸収合併が2000年頃から続いてきた。「最終的に生き残るのは6グループではないか」と業界では囁かれて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。