「朝鮮総連」捜査は安倍官邸の「意趣返し」

2015年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

振り上げた拳をどう収めるか、安倍官邸は悩んでいる。「日本の公安警察は外為法違反容疑をでっち上げ、私と副議長への家宅捜索を強行した」在日本朝鮮人総連合会(総連)の許宗萬(ホジヨンマン)議長は5月21日、東京・千代田区の総連中央本部の朝鮮中央会館で開かれた総連結成60周年祝賀宴において、公安警察の不当捜査に怒りを露わにした。昨年5月29日にストックホルムで日朝政府が拉致被害者を含む全ての日本人問題調査を約束した合意を無きものにするような「マツタケ事件」捜査を厳しく批判した。祝賀宴には程永華・駐日中国大使をはじめ各国大使館員や、馳浩自民党衆院議員、藤田幸久民主党国際局長、緒方靖夫共産党国際局長、又市征治社民党幹事長、鈴木宗男元官房副長官など300人が出席した。結成60周年記念行事の締めくくりは、5月31日、北区十条台の東京朝鮮中高級学校のグラウンドと朝鮮文化 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。