爆泊!東京「バカ高ホテル」の鼻息

東京五輪に向け新築ラッシュ。ビジネスホテルが2万円では、もう都心に泊まれない?

2015年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「“ビジネスホテル”よりも宿泊料金が安いんだから、イヤになっちゃいますよ」東京都心で超一流のホテルニューオータニ、ホテルオークラ関係者が苦笑いを浮かべる。「ビジネスホテル」とは、派手な帽子の女性社長で知られるアパホテルズ&リゾーツが、都心に展開するホテル群のことだ。近くの「アパヴィラホテル赤坂見附」「アパホテル六本木一丁目駅前」「アパホテル西麻布」などは、いずれも宿泊料金が1万5千円前後(大人1人1泊)。これがシーズン、日によって2万円、3万円に跳ね上がり、オークラ、ニューオータニとの逆転現象を生じることがままある。「直営114ホテルの平均客室単価はここ数年で7千円から1万円を超えるまでになり、都心の客室稼働率は連日ほぼ100%。5月の連休には1日あたりの売上高5億2千万円の新記録を達成した」(元谷外志雄・アパグループ代表)2015年11月期見込みの経常利益は25 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。