日本基督教団の有力牧師が醜い訴訟合戦

2015年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

都内のキリスト教会で、牧師が信徒を、信徒が牧師を訴えるという異例の訴訟合戦が展開されている。問題の教会は日本基督教団(総会議長・石橋秀雄、以下「教団」)の玉川平安教会(1936年創立、世田谷区)。『生き方上手』などのベストセラーを著した聖路加国際病院の日野原重明名誉院長が所属、その父・善輔氏が牧師を務めていたこともある。教団は教会数1716、信徒17万4695人(2014年3月時点)を擁する国内最大のプロテスタント教派。青山学院大、同志社大などミッション系私学とも関係が深い。訴訟の発端は、同教会の牧師である藤田義哉、山口隆康両氏の言動と教会会計の不透明性、不動産売買などに疑問を抱いた信徒が「藤田牧師のセクシャルハラスメントについて」(08年)、「玉川平安教会の現状と山口隆康牧師について」(09年)と題する文書を撒いたこと。これに対し両氏が「人格を蹂躙するかの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。