「安倍70年談話」に秘策

「謝罪の文言を入れない代わりに閣議決定もしない。安倍カラーを黙認して欲しい」という親書を読んだ習近平は……。

2015年7月号 POLITICS [混線する「戦後70年外交」]

  • はてなブックマークに追加

まるで試合を決めたヒーロー選手が、相手チームのエース選手と互いの健闘を称え合うかのようなしぐさだった。5月23日、北京の人民大会堂。訪中した自民党の二階俊博総務会長は、中国の習近平国家主席とがっしり握手すると、握った右手を離さず左手も添えて高々と掲げ、同行した日本人約3千人に向けて「成果」を誇示するように何度も振ってみせた。「21世紀の皇帝」と畏怖される習主席を相手に、ここまで馴れ馴れしく振る舞った人物はいない。中国メディアは、二階氏の大胆なパフォーマンスに目を丸くした。

習近平が説く「徳不孤、必有隣」

大訪中団を前に習主席が挨拶したほか、2人の会談は大会堂内にある特別の迎賓室で行われるなど、確かに国賓並みの破格な厚遇だったが、もちろんそれだけが「成果」ではない。訪中の最大の眼目は、二階氏が習主席に手渡した安倍晋三首相からの親書にあった。二階氏がごく近い人物に明かしたところ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。