アリババが「ヤフージャパン株」買う

米ヤフーが保有するヤフーJ株を、孫の盟友・馬のアリババに取得させる案が急浮上。個人情報が中国に漏れないか。

2015年6月号 BUSINESS [孫正義と馬雲の野望]

  • はてなブックマークに追加

日本のインターネット業界を牽引するヤフージャパン(以下、YJ)が、またも両親の都合に翻弄されている。二人の親とは言うまでもなく、ソフトバンク(YJ株を42.8%保有)と米ヤフー(YJ株を35・5%保有)のことである。事の発端は、第2位株主の米ヤフーのマリッサ・メイヤーCEOが、4月21日の決算説明会で「YJ株の価値を最大化するため助言者を雇った」と発言したことだ。米ヤフーのアクティビスト・ファンドの圧力を受けた形で、YJ株の売却を視野に入れていることが明らかになった。同社のYJ株売却は以前から何度も伝えられては消えてきたが、アドバイザー起用まで踏み込んだ発言は初めてだろう。米ヤフーは2012年7月にグーグルの女性幹部として有名だったメイヤーを鳴り物入りで招聘したものの、業績の苦戦が続く。YJ株の売却を発表する前には、今年中にアリババ・グループ・ホールディングス(以下、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。