経産省が「6代連続」天下り 商品先物市場は消滅の危機

2015年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

安倍政権下で「我が世の春」を謳歌する経済産業省。最重要天下り先の東京商品取引所は経営難にもかかわらず、厚顔無恥な同省が社長ポストを死守した。日本の商品先物市場は経営音痴の官僚OBによってジリ貧に陥り、消滅の危機に直面する。在任6年になる東商取の江崎格社長(73、元通商産業省産業政策局長)は6月下旬の株主総会で退き、役所後輩の浜田隆道専務(64、元官房審議官)にバトンを渡す。6代連続で経産省OBがトップに就くわけだ。江崎体制下で東商取はグローバル化に乗り遅れて赤字を垂れ流し、株主資本を食い潰してきた。ほかにも経産省OB二人が東商取グループに天下っているが、経営責任をとる者は誰もいない。東商取は指名委員会等設置会社であり、福井俊彦元日銀総裁らが社外取締役を務めるが、ガバナンスが機能しているとは思えない。東商取が生き残るには、東証・大証を傘下に置く日本取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。