深見「ワールドメイト」の錬金術

「現代の弘法大師」を自称し「宗教界のギャグ王を目指す」と公言する深見東州教祖とは何者か。

2015年6月号 LIFE [メディアを手玉の異能教祖]

  • はてなブックマークに追加

深見東州こと半田晴久氏(64)は、静岡県伊豆の国市に総本部がある神道系新興宗教団体「ワールドメイト」の教祖である。深見氏は「万能の天才」、「現代の弘法大師」、「21世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と自称する一方、教団ホームページで「宗教界のギャグ王を目指したい」と公言。かと思うと自著『強運』では、「守護霊、前世といったものまで“見える、写せる”」超能力者だと称し、「特別に神霊世界の許可」をもらい土星などを何度も訪れていると大真面目に書いている。 「この人、いったい何がやりたいんですかね。何だか胡散臭いですね」深見氏は中高生時代、世界救世教の信者だったことがあるが、救世教の幹部は深見氏の著書をめくりながら、そう言って顔をしかめた。要は、自他共に認める異端、異能の宗教家なのだ。昨年11月、深見氏は歌手の小林旭と渋谷公会堂で「進撃の阪神巨人演歌コンサ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。