波乱の芽「菅幹事長」転出

微妙なのは「菅幹事長」の実現が、安倍首相の胸先三寸というより、本人の悲願である点だ。きな臭さが漂い始めた。

2015年6月号 POLITICS [「歴代4位」菅長官の去就]

  • はてなブックマークに追加

米議会演説に「歴史的成功」と酔い痴れる安倍晋三首相とその政権。安保法制の国会成立を早々と米国に公約し、「内政に敵なし」と自信満々である。戦後70年談話も地ならしが進み、視線はすでに後半国会を素通りし、9月の自民党総裁選での再選も織り込んで、長期政権をにらんだ秋の内閣・党人事へ向いている。焦点は官邸の実力者・菅義偉官房長官が、党幹事長に転じるかどうか。4カ月先の政局だが、7月の霞が関人事も国会運営も危機管理もメディア対策も、すべてはそこに照準を合わせて進むので、今後の国政はそこから逆算し解読しなければいけない。微妙なのは「菅幹事長」の実現が、安倍首相の胸先三寸というより、菅氏本人の悲願でもある点だ。2人にすきま風は吹いていなくても、政治家の野心という業が、避けられない微妙なずれを生む。そこに波乱の芽が潜む。菅氏は5月で官房長官在職日数が歴代4位に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。