「サイバーカリフ国」に仏TV局が陥落

フランスの大手放送局「TV5モンド」がサイバー攻撃を受け放送停止。イスラム国のハッキング技術が高度化している。

2015年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

パリ時間4月8日の22時頃、フランスの大手国際テレビネットワークであるTV5モンドのすべてのチャンネルで放送が停止した。同時に、TV5モンドのウェブサイトやフェイスブックページがハッキングを受け、イスラム国(ISIL)に関連する画像や、「CYBERCALIPHATE(サイバーカリフ国)」「Je suIS IS(私はIS)」といった文言に書き換えられ、マスメディア業界は騒然となった。「サイバーカリフ国」が大手国際放送局に対してサイバー攻撃を仕掛けたのだ。サイバーカリフ国を名乗る者は、今までもたびたびイスラム国を代弁するようなメッセージを発信するハッキングを行ってきた。個人なのかグループなのか、実際にイスラム国とどの程度深いつながりがあるのかは不明だが、少なくともイスラム国に対して強い共感を抱いているのは間違いない。これまでにサイバーカリフ国が起こした大きな事件といえば、今年1月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。