お騒がせ仏極右「ルペン父娘戦争」

大統領をめざして「悪役返上」の娘に噛みつく父。美形の孫世代も割り込んで三つどもえ。

2015年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

ベストセラー『21世紀の資本』を書いたフランスの経済学者トマ・ピケティと、右翼政党国民戦線(FN)の党首マリーヌ・ルペンに共通点はあるか。あるようには見えないばかりか、イデオロギー的にも二人は水と油だが、実はひとつだけある。二人とも4月16日号の米タイム誌で「最も影響力のある100人」に選ばれたことだ。 マリーヌ・ルペン(46)は1972年以来、FNを率いてきた前党首ジャン=マリー・ルペン(86)の三女で、2011年から後継者として党首の椅子に座っている。3年前には、ジャン=マリーの孫で現在25歳のマリオン・マレシャル=ルペンが政界進出を果たした。仏の右派政界に根を下ろしたかに見えるルペン一族の戦略は、三代の間に確実に進化を遂げている。

放言癖の父を出馬させず

創立者ジャン=マリーは、常に挑発的な言動を看板として掲げてきた。そのため、あえて万年野党に甘んじ、人種差別的で歴史修正主義的な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。