「JFK展」に沸く国立公文書館が新館建設へ

2015年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

長い間、記録の重要性に無頓着だった日本では、公文書を適正に管理するための法律さえなく、諸外国に遅れること半世紀以上後の2009年にやっと公文書管理法が成立した。民主国家である以上、国民は権利として国が保存・管理する公文書を利用できる、とうたったものだ。それから6年。ここへ来て国立公文書館新館の建設機運が高まっている。11年4月の公文書管理法施行により行政文書管理が厳格化した一方、現公文書館は建設から40年を過ぎ、数年の内に書庫が満杯になる。新館建設が想定される場所は国会が所有する約8千㎡の隣接地。承認されれば、20年を目標に“世界に誇る”公文書館新館の建設が動き始める。有識者による「国立公文書館の機能・施設の在り方等に関する調査検討会議」は3月末、公文書管理担当の有村治子行政改革相に提言をした。要旨は3点。憲法など国の重要歴史公文書を展示・学習する機能 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。