「チューリング・マシン」に踊る無知

2015年5月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

記憶とは不思議なものだ。20年ほど前に英語で読んだ数学者の伝記(*)が映画化され、映画のタイトルThe Imitation Game(模倣ゲーム)の句が1983年版原書129ページにあったのを思いだした。脳の片隅で明滅したのだ。難攻不落のナチの暗号を解読したアラン・チューリングの一生を、同じ数理物理学者が克明に追った本だ。カントールやヒルベルト、フォン・ノイマンやヴィトゲンシュタインら20世紀の数学の最先端、コンピューター原理の創成に立ち会える、一読忘れ難い評伝だった。「模倣ゲーム」とは、同性愛者のチューリングが正体を隠して生き、54年に自殺に追い込まれたことを指す。同性愛に刑事罰を科した時代ゆえの悲劇だが、英国首相が公式に謝罪したのは55年後のこと。パソコンもインターネットもすべて彼の頭脳に宿った世界の延長だから当然だろう。彼なかりせば「今」はなかった。3月31日、同性 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。