慢心URの「恣意的」入札疑惑

事業仕分けを免れてツケあがったか。東京の土地譲渡では、価格一番札を覆す「企画点」操作。

2015年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

民主党政権最大の痛恨事は、「住宅供給」という役割を終え、職員の雇用継続を目的に、民間が担うべき都市圏の不動産売買に進出、天下りや利権の温床となった独立行政法人UR(都市再生機構)を事業仕分けしなかったことではないか――。そう思い知らされる事態が、東京・北区の日本油脂(現・日油)工場跡地約2万4千平方メートルの売却を巡って、現在進行している。概略はこうだ。URが「豊島4丁目地区土地譲受人募集要項」を配布したのは昨年12月25日から今年2月19日まで。最終日に募集は締め切られ、3月9日に開札、39億2500万円の大和ハウス工業JVが落札した。その直後から参加業者はもちろん、不動産業界が騒然としたのは、恣意的な入札結果だったからである。価格点を50、企画点を50とする総合評価方式で行われ、60億円で応札し、価格点が満点だったのは「補欠1位」の新日鉄興和不動産JVだった。

異議申し立て許さず

とこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。